色々な薬

レビトラはバイエル薬品という名前の本社がドイツにある製薬会社が開発し製造販売している勃起障害(ED)の治療薬で、同じED治療薬として有名なバイアグラの次に開発されました。
バイアグラが販売を開始したのは1999年で、日本での販売開発の承認の申請を厚労省に提出したのが2001年で製造と販売が許可されたのが2004年4月です。
そしてレビトラの10mgが販売されるようになったのが2004年6月で20mgが販売されるようになったのが2007年7月なので、日本ではバイアグラと同じくらいの歴史を持つ勃起不全治療薬になります。
レビトラで使用されている有効成分はバルデナフィルという名称のものです。
このバルデナフィルは水に溶けやすいという特徴をもっており、この特徴からレビトラはバイアグラなどの他のED治療薬と比べると最高血中濃度に至るまでの時間が短いという特徴を有しています。
レビトラは勃起を起こす際に必要とされるサイクリックグアノシンーリン酸(cGMP)という物質を壊す役目を持つPDE5という酵素の働きを抑える事で勃起の継続を促す効果を発揮します。
このような効果なので、レビトラを使用する事で勃起するようになるわけではないという点に注意が必要になります。
レビトラはあくまで性的刺激を受けて勃起した状態を補助するための薬品なので、まずは性的刺激を受ける事によりcGMPを増やす必要があります。
それとレビトラは食事の影響を全く受けないと考えている方も多いですが、あくまでも標準的な食事の場合は影響を受けないのであって標準的ではない食事の場合は影響を受ける可能性もあります。
ここで言う標準的な食事とは700kcal未満そして脂質は23.3mg以下であるとされていますので、注意しましょう。