• ホーム
  • レビトラやアボルブカプセルの薬効や特徴を知る

レビトラやアボルブカプセルの薬効や特徴を知る

笑っている男性

薬は気になる症状の改善、病気の治療に役立ってくれるものですが、それぞれ違う働きを持っていますので、安全に使い続けるためにもその特徴はよく理解しておく必要があります。
男性は勃起不全、いわゆるEDの悩みを抱えている人が多いですが、以前は改善が難しいと考えられていたこうした症状も今は治療で改善できるようになっています。
ED治療薬にも様々な種類がありますが、即効性を期待するのであればレビトラがおすすめです。
レビトラは国内で2番目に登場したED治療薬で最初に登場したバイアグラの欠点がさらに補われています。
より食事の影響も受けにくくなっていますし、有効成分であるバルディナフィルは水に溶けやすいこともあり、より早く効果を出すことができます。
持続時間は5時間程度となっており、飲んでいるときの効果ですので、性行為のたびに薬が必要となります。
次の服用まで24時間以上あける必要がありますので、1日何度も飲むようなことは避けましょう。
アボルブカプセルも男性の症状の改善によく利用されている薬です。
一般名はデュタステリドとなっており、こちらは前立腺肥大症の治療に役立てられています。
男性ホルモンに作用することが特徴的で、前立腺肥大症にともなう排尿困難や残尿感、頻尿などの症状の改善に役立ってくれます。
男性ホルモンの働きを弱めることから、人によっては性機能の低下などが起こることもあるとされています。
5α還元酵素阻害薬とも呼ばれており、男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変換するのを防いでくれます。
妊娠ししている女性や子供には健康に影響が出てしまうこともありますので、子供や女性と同居している人の場合は薬の管理はきちんと行っておきましょう。

人気記事一覧