• ホーム
  • レビトラに副作用はあるか

レビトラに副作用はあるか

薬を飲む人

レビトラはED治療薬の中で2番目に開発された飲み薬で、即効性があり作用時間も長めになっていることから利用しやすいことで有名です。
また副作用のリスクも少なくなっているので、他のED治療薬で副作用に悩む人が使ってみたところ身体に合っていたなんてこともあります。
とはいえ、副作用がまったくないと言うわけではなく、医薬品である以上は必ず何かしらの副作用を起こすことになります。
レビトラの特徴として服用から20分ほどで効果が効き始めることから、性行為の直前でも飲むことができ、10mgなら4~5時間は持続、20mgなら8~10時間は効果が持続します。食事の影響も受けにくく、脂分の少ない軽食であれば食後に飲んでも十分な効果が発揮できるとされます。
レビトラは他のED治療薬と同じPDE5阻害薬に分類され、服用すると血管を拡張する作用があります。
血液の循環が良くなることから、副作用として頭痛やめまい、ふらつき、動悸や息切れ、顔のほてりといった軽度の症状が現れ、発生頻度は低いですが、背中や関節の痛み、嘔吐、全身の痒み、低血圧、視覚障害なども起こることが報告されています。
その他にも様々な問題が起こる可能性があるので、使用中に身体の異常を感じたらすぐに服用を中止して医師に相談することが大切です。
軽度の症状は血管が拡張されたことによる影響なので、レビトラの効果が切れるとともに副作用も消失するようになっています。
しかし、重度の副作用は効果が切れても残ることがあり、後遺症となるものもあるため注意が必要です。
また、お酒を使って飲むことはできますが、深酒をすると血液が流れやすくなって余計に副作用が出やすくなります。
レビトラを使用する場合は、飲酒の量は適量を守って使用することが大切です。